最新ニュース

ホンダ ノースカロライナ工場の30周年記念式典を開催

ホンダ パワーエクイップメント マニュファクチュアリング(ノースカロライナ州スウェプソンビル)が創業30周年を迎え、このたび同施設内で記念式典が行われました。

 

同工場は1984年に操業を開始し、約3.5万平方メートルの敷地で、汎用製品を生産しています。

 

式典にはノースカロライナ州知事 パット・マクローリーが招待されスピーチを行い、本工場へ850万ドルの追加投資が行われるとの同社の発表に祝辞を述べ、600人の従業員とともに式典をお祝いしました。

 

(2014年8月)

詳しくはこちら

タカタ ノースカロライナ州にふたつめの工場建設を発表

シートベルト、チャイルドシートなど、自動車用安全システムの製造販売大手のタカタが、このたび、ノースカロライナ工場の拡張を発表しました。

 

タカタの現地法人「Highland Industries」にはすでに、ノースカロライナ州カーナーズヴィルに1万平米を超える工場がありますが、さらに向こう3年間で825万ドルの追加投資を決定、ステイツヴィルに第二工場を建設し、29人の新規雇用を行うと発表しました。

 

(2014年5月)

詳しくはこちら

岡谷鋼機、ノースカロライナ工場でマフラー部品増産 4年ぶりに本格投資

日本経済新聞 (4月11日付朝刊)

 

鉄鋼・機械商社の岡谷鋼機は米国で自動車向けマフラー部品の生産を増強する。2015年春までにノースカロライナ州シャーロットにある子会社の工場を4割増床。マフラーに使う鋼管を切断するラインも増設し、米子会社の売上高を1割以上増やす計画。米国での本格投資はほぼ4年ぶり。中長期で米国の自動車販売が堅調に推移すると判断した。

 

 

(2014年4月)

詳しくはこちら

森永ノースカロライナ工場、まもなく着工

森永の現地法人、「森永アメリカフーズ」のノースカロライナ工場がまもなく着工します。

 

森永は2013年末に資本金120万ドルで現地生産子会社を設立し、ノースカロライナ州メベイン市に約8万㎡の工場用地を取得しました。

 

同社は、2015年6月の生産開始を目指し、まもなく新工場建設に着手します。生産開始時には90人の新規雇用が計画されています。

 

(2014年3月)

詳しくはこちら

NCへの旅
NCのビジネス
ビデオをもっと見る