最新ニュース

ブリヂストン、米で200億円増産投資(1/7 日本経済新聞朝刊より)

ビジネスTODAY

米タイヤ販社買収断念 販路拡大は仕切り直し

 

ブリヂストンが米国で乗用車タイヤの増産投資に踏み切る。6日、200億円を投じて米東部にある工場の生産能力を2018年をめどに1割引き上げると発表した。

 

増産投資の対象となるのはノースカロライナ州にあるウィルソン工場。延べ床面積約1万5500平方メートルの工場に高機能タイヤの生産ラインやプレス装置などを新たに導入する。既存のラインもIT(情報技術)の活用などで生産効率を引き上げ、生産能力を1日3万5千本にする。

 

(2016年1月)

詳しくはこちら

ノースカロライナ州が2015年「ベストビジネス&キャリア」ランキングで全米第二位に (Forbes誌)

ランキング構成要素は、ビジネスコスト、労働供給力、エコノミック・クライメート、クオリティ・オブ・ライフなどです。

 

ビジネスコストは、賃金レベル、エネルギーコスト、課税額等が重視されます。ムーディの分析では、NC州労働コストは全米5番目の低さで、全米平均を10%下回ります。

 

また、"Site Selection "誌の資料を基に、NCは2014年に最も企業進出・設備拡張を遂げた州と述べています。

 

(2015年10月)

詳しくはこちら

ノースカロライナ州のトライアングル地区が大気環境全米ベスト5位に

このたび不動産大手のRealtor.comの良質な大気ランキングで、ノースカロライナ州ダーラムが全米ベスト5に選ばれました。

 

ランキングは合衆国環境保護庁が、全米の主な100都市を対象に、一年のうち大気が良好な日数をカウントした2015年のデータを基に 作成されました。ダーラムは一年のうち88.4%の日が、大気が良質な状態であると認定されました。

 

(2015年10月)

詳しくはこちら

州都ローリーが ”ビジネスとキャリアの町” 全米2位に

ノースカロライナの州都ローリーが、Forbes 誌が選ぶ、”Best Place for Business and Careers” で、全米2位に選ばれました。

 

ランキング(抜粋)は次のとおりです。

 

1. Denver, CO

2. Raleigh, NC

3. Portland, OR

4. Provo, UT

5. Atlanta, GA

 

(2015年8月)

詳しくはこちら