最新ニュース

ライト兄弟が飛んだ米ノースカロライナ州 航空宇宙産業で発展(2/10 産経フォトより)

ホンダは2006年に米ノースカロライナ州グリーンズボロ市のピードモント・トライアド空港に隣接する工場で、小型ジェットの開発・生産を開始した。10年には量産型試作機の初飛行に成功、、工場は現在、量産態勢に入っている。

 

(NC州航空宇宙産業について)

ハエコ社SVP:「地元自治体による航空宇宙産業の発展の後押しは大きい。用地取得の助成や税の優遇もあり、わが社でも市から土地を格安で借りている。また、州立大学などに航空産業向けの教育プログラムが作られ、優秀な人材も確保しやすい」

ホンダ:「周辺に関連する部品メーカーの多いことや州の優遇政策なども工場用地選定の決め手の1つ」

 

(2015年2月)

詳しくはこちら

スマートグリッドEXPO 2015 出典のお知らせ

ノースカロライナ州政府日本事務所は、2月25日(水)~27日(金)、ビッグサイトにて開催されるスマートグリッドEXPOに出展致します。

 

ノースカロライナ州のリサーチ・トライアングル地域は、大小50社以上の関連企業が集積する、スマートグリッド・クラスターとなっています。クラスターを構成するのは、優れたITシステム、ビルエネルギー管理、送電網、高度なメータリング・インフラを備えたスマートグリッド・バリューチェーンを持つ、数多くの世界的企業で、いまや世界のスマートグリッド産業における、キーステーションとなっています。

 

スマートグリッドEXPO 2015

東京 ビッグサイト 東1ホール

ブースNo. E4-1

 

(2015年2月)

詳しくはこちら

ホンダ ノースカロライナ工場の30周年記念式典を開催

ホンダ パワーエクイップメント マニュファクチュアリング(ノースカロライナ州スウェプソンビル)が創業30周年を迎え、このたび同施設内で記念式典が行われました。

 

同工場は1984年に操業を開始し、約3.5万平方メートルの敷地で、汎用製品を生産しています。

 

式典にはノースカロライナ州知事 パット・マクローリーが招待されスピーチを行い、本工場へ850万ドルの追加投資が行われるとの同社の発表に祝辞を述べ、600人の従業員とともに式典をお祝いしました。

 

(2014年8月)

詳しくはこちら

タカタ ノースカロライナ州にふたつめの工場建設を発表

シートベルト、チャイルドシートなど、自動車用安全システムの製造販売大手のタカタが、このたび、ノースカロライナ工場の拡張を発表しました。

 

タカタの現地法人「Highland Industries」にはすでに、ノースカロライナ州カーナーズヴィルに1万平米を超える工場がありますが、さらに向こう3年間で825万ドルの追加投資を決定、ステイツヴィルに第二工場を建設し、29人の新規雇用を行うと発表しました。

 

(2014年5月)

詳しくはこちら

NCへの旅
NCのビジネス
ビデオをもっと見る